大阪のレンタカーならテラニシモータース

大阪を拠点にレンタカー・カーリース・中古車販売や車検・板金塗装など自動車会社のテラニシモータースです。

AT車のギア(シフトレバー)それぞれの役割

みなさん、こんにちは。
テラニシモータース守口店 事務の永井です。


みなさんが普段、車を乗る際に利用する機能、一般的に多いAT車のギア(シフトレバー)についてお話しさせて頂きます。

 

f:id:uhaten:20200127174443j:image


まず、ギアの種類です。
車の種類によって表記に少し違いがあるようですが、基本的に「P」パーキング・「R」リバース・「D」ドライブ・「L」、「2」という表記のギアがございます。


それぞれに役割があり、
「P」パーキングは車を駐車する際に利用します。簡単にいうと、タイヤをロックし固定してくれます。


「R」リバースは車をバックする際に使用します。


「N」ニュートラルはパーキングと似ているのですが、一時的な停止の際に使うものです。エンジンを掛けたまま、とまることが出来ます。


基本的にこの3つのギアを使用しながら、運転操作を行います。

 


みなさんも一度は経験されたことがあると思いますが、このギアが動かない、というトラブルです。


その原因としてよくあるのが、エンジンがかかっていない、ガス欠を起こしている。バッテリー上がり、ハンドルロックがかかっている、などです。これらの状況下にある場合はギアを動かすことが出来ませんので、運転の際は要チェックをしながら操作しましょう。

 

以上、AT車のギア(シフトレバー)についてでした!

O2センサーとは?

こんにちは!

テラニシモータース守口店事務員の名眞です!

今回は、O2センサーについてお話しさせて頂きます!

f:id:Namaharuka:20200127174040j:image

O2センサーとは?

O2センサー(オキシジェンセンサー)とは、車に備わっている排気ガスの酸素の濃度を測るセンサーです。
排ガス内の酸素量を測ることで燃料の噴射量に対して酸素が多い(燃料が薄い)のかを判断し、燃料の噴射量を調整するためのセンサーとなっております。

 

O2センサー交換時期は?

O2センサーのチェック時期の目安は、新車から5年以上または走行距離が8万キロ以上となっています。
O2センサーに異常があったらディーラーに修理を依頼してください!

修理工場では整備士の方が診断機を使って原因を調べてくれます。
エンジンランプが点いた状態で診断機に接続するとコンピューターが分析をして、どこに異常があるかがわかります。
また、エンジンランプが消えてしまっても、メモリーに記憶が残るのでわかるようになっているのです。
先程記載した通り、O2センサーは故障してすぐに重大な症状や運転に支障が出るというわけではありませんが、車検の際にはエンジンチェックランプ点灯していると車検が通らない場合もございます。

 

 

 

ツートンカラーとは

皆さま、こんばんはー

テラニシモータース守口店の見嶋です。

今回は車のツートンカラーについてお話させていただきます!

f:id:missyi611:20200124084322j:image

 

ツートンカラーとは、車のルーフの部分を色を変えて2種類の色を使った車になります!

例えば、ルーフ以外の色は白色で構成されていたとして、ルーフの部分だけを黒色にした車があります!それがツートンカラーの車になります!

街中でも、最近流行のタント、N-BOXなどにツートンカラーが採用されていて、よく見かけることがあります!

色の組み合わせによっては、かっこよく見えたり、可愛く見えたりなど、男性女性の特に若い方に人気ですね!ツートンカラーにしていると、他の車と並んで走行していても、目立つな〜という印象です!

 

色の組み合わせも様々で、男性の方だと赤色と黒色

白色と黒色などがあります!

女性の方でもピンクと白色、水色と白色など豊富な車のカラーが用意されています!

実際のアンケートでは、ツートンカラーが好き、乗ってみたいという方が大半を占めているようです!

 

若い方で少し他とは違う車を乗ってみたい!とお考えの方であれば、ツートンカラーがオススメです!

是非実際に見てみてください!

お好みの色の組み合わせが見つかるといいですね!

ガソリンの節約の仕方? 誰でも簡単に出来る!

みなさん、こんにちは。
テラニシモータース守口店の永井です!


みなさん、運転の仕方を少し変えるだけでガソリンが節約できること、知っていましたか?
当社のレンタカーでは、出発時にガソリンが満タンになっておりますので、ご返却時も同様に満タンにして頂く必要があります。ガソリン代といえど、距離を走ればかなり高くなります。少しでも安くしたいですよね。


普段ご自身の車を乗られている方も、出来る限りガソリンは節約したいですよね…。


そんな方のために!
今日はガソリンの節約の仕方をご紹介します。

 

f:id:uhaten:20200123173434j:image

 


まず1つ目
タイヤの空気圧を小まめにチェックする。
最近ではオートバックスやセルフのガソリンスタンドでも、無料で空気圧を入れることが出来るようです。ご自身で空気圧を入れる場合は入れすぎに注意しましょうね。


2つ目、急発進・急停止はなるべく避ける。
車がガソリンを一番使うのは発進時と言われています。走行時も、車間距離を保ちながらできるだけアクセルの踏み加減を一定にすることが大切です。


3つ目、停車時はエンジンを切る。
一旦停止して、しばらく車を動かさない場合はエンジンを切るように心掛けましょう。


最後に、不要な荷物を降ろしましょう。
普段、仕事の関係で荷物をたくさん積んでいる、釣り道具や工具類を乗せたまま、という方も多いのではないでしょうか?面倒ですがそれらの荷物が必要ない場合は、降ろしておきましょう。

 


このような小さな、誰にでも出来ることがガソリン節約に繋がります!
みなさんもぜひ、試してみて下さいね。

衝突被害軽減ブレーキについて!

こんにちは!

テラニシモータース守口店事務員の名眞です!

今回は、衝突被害軽減ブレーキについてお話しさせていただきます!

 

f:id:Namaharuka:20200123173610j:image

衝突被害軽減ブレーキとは。。

衝突被害軽減ブレーキとは、自動車が障害物を感知して、衝突の可能性がある場合、運転者へ警告音を発したり、衝突の可能性が高い場合、ブレーキの補助操作を行い、減速して衝突被害を軽減するシステムです!

 

例えばこのようなシーンで役立ちます!

前の車が急ブレーキ!!

前に人が出てきた!!

など。。

前走車・歩行者との衝突回避ミリ波レーダーと単眼カメラで前走車や歩行者を検知。
衝突するおそれがある場合、音とディスプレー表示で警告。
注意を促します。
さらに接近した場合は軽いブレーキングを行い、
衝突のおそれが高まった場合は強いブレーキングを行い、衝突回避・被害軽減を支援します!

 

また、対向車に接近した場合では

対向車との衝突回避対向車と衝突するおそれがある場合は、音とディスプレー表示に加え、警報音あるいはステアリング振動による体感的な警告で、注意を促します。

 

衝突被害軽減ブレーキはドライバーの安全運転が前提になります。

システムを過信せず、常に安全運転を心がけましょう!(*^ω^*)

 

 

発煙筒とは

こんにちは!

テラニシモータース守口店事務員の名眞です!

 

今回は車についている発煙筒についてお話しさせていただきます!

f:id:Namaharuka:20200122181200j:image

発煙筒とは、おもに自動車に必ず装備されています!

どのような時に使うのかといいますと。。

事故や突然のトラブルが発生した時に路肩に停車して救助を待つ

誰でもこのような事が起こる可能性はあります!

でももし、このような事が起きた場合はどうすれば良いのか分からない方もいるかと思います!

 

停車中に後続車が追突。。。

このような話は全く聞かない話ではありません。

 

このような時に使うのがこの発煙筒です!

発煙筒の設置場所はトラブルで動けない車の50m以上後ろになります!

また、何よりもまずは自分の安全確認が重要です!

なので落ち着いて安全確認をしてから設置しましょう!

 

また、発煙筒には使用期限があります!

この期限を過ぎてしまうと発煙筒は本来の性能を発揮できなくなります!

例えば、いざ使用する場面になり、着火面を擦ってもなにも起こらないなど。。

このような事が起きてしまいます。

そのためにも車に乗る際には発煙筒の使用期限を確かめてから運転するようにしましょう!

使用期限は発煙筒のケースに記載されています!

皆様も運転される時は安全運転を心がけましょう(*^ω^*)

 

 

 

こんな時に役立つレンタカー 大阪レンタカー

みなさん、こんにちは。
テラニシモータース守口市の永井です。


テラニシモータース守口市では、中古車販売とレンタカーの貸出を行っております。
みなさんはどういった時にレンタカーを利用されますか?レンタカーを利用したことがない!!という方も多くいらっしゃると思います。

 


本日は、レンタカーを利用するにあたってのメリットについてお話させて頂きます!


まずどういった場面でレンタカー利用するかというと、旅行先でレンタカーを借りる・引っ越しや重たい荷物の運搬に・出張先で車が必要……など、一時的にお車が必要という方がレンタカーを利用されます。
今の時期ですと、スキーやボードに行かれる方でスタッドレスをはいたレンタカーを利用される方も増えてきていますね。テラニシモータース守口市でも、5人乗りのコンパクトカーがスタッドレスをはいております!

 


次に、目的に合った車のタイプを選べるということです。引っ越しに利用するのであれば軽トラックや軽バン、ショッピングや小さい子供の送り迎えなどであれば軽自動車やコンパクトカーとその時に合った車選びが可能になります。

 


そして、レンタカーは経済的で便利なのです。
当社でも軽自動車や軽トラックであれば、3時間980円〜と驚きの安さで借りることが出来ます。自動車保険も加入しておりますし、お車の整備もバッチリ!
今ですと、初回の会員登録も無料です♪
ぜひこの機会に会員登録をして、レンタカーをご利用下さい♪

 

f:id:uhaten:20200122181023j:image

プッシュスタートの車について

皆さま、こんばんは〜

テラニシモータース守口店の見嶋です。

今回は、プッシュスタートの車についてのお話をさせていただきます!

f:id:missyi611:20200121201211j:image

 

プッシュスタートとは、ボタン一つでエンジンを始動することができるものになっています!

最近の車は取り入れられている場合が多いです!

ボタンを押すだけでエンジンがかかるのは便利ですよね!

f:id:missyi611:20200121201223j:image今までの車はセルを回す。または鍵をさして回すことによってエンジンがかかる仕組みになっていました!すごい変化ですよね。

しばらく車に乗ってなかったという方でもこういった機能になっていることを知ると驚かれる方が多いです!

 

便利だ!と思っていると

突然ボタンを押してもエンジンがかからない。といった場合になることがあります。

スマートキーの電池が切れている場合があるからです!その場合はスマートキーをプッシュボタンに当てた状態でボタンを押すことによってエンジンをかけることが出来ます!

新しい仕組みの車だと突然の事態の際にはわからないことが多いですよね笑

 

今まで鍵を使ってエンジンをかけていた方は違和感を感じるかもしれないですが、とても便利な機能になっていて、どんどん慣れてくるのでこれから車のご購入をお考えの方是非検討してみてください!

 

 

パワーステアリングにはどんな役割が?

みなさん、こんにちは。
テラニシモータース守口市の永井です。


本日は車の装備仕様の一つ、パワーステアリングについてお話させて頂きます!


パワーステアリングとは「パワステ」とも呼ばれており、単語は聞いた事はあるけど、どういう性能なのか分からないという方も多いのではないでしょうか?


本来、ハンドルを回す際は大きな力が必要になります。ですが、このパワステはハンドル(ステアリング)を回す力をアシストするもので、車の大半に標準装備されています。※パワステが装備されていない車もございます。

 

f:id:uhaten:20200121173520j:image


パワステが装備されていない車だと、アシストがなく、とくに女性の方は操作が難しい程ハンドルが重くなり、回すのが困難になります。


また、キックバック現象と呼ばれるタイヤから運転手に伝わる衝撃を軽減する、という役割もあり、パワステという装備は自動車においてとても大切な装備です。

 


そんなパワーステアリングの異常や故障はどのように判断できるのか。
症状としては「ウィーン」・「キュルキュル」といった異音がなったり、ハンドルがガクガク動く・重いといったものがあります。


この「キーキー・キュルキュル」という大きな異音の原因はベルト(自動車を動かすのに必要なエンジンの機構を駆動させるもの)が古くなっていたり、緩んでいるという事があります。ベルト鳴きとも呼ばれています。ベルトが原因の場合、それを交換する事で修理できます。


症状によって、故障の原因が違います。常日頃から車の状態を確認して、いち早く異変に気付いて対処ができるように準備しましょうね!

全方位カメラで楽々駐車!!

こんにちは!

テラニシモータース守口店事務員の名眞です!

今回は、全方位カメラについてお話しさせていただきます!

 

バックモニターがあるととっても楽ですよね!

いままでは死角で見えなかったクルマの真後ろを、映像をとおして確認できますもんね!

もうバックモニターなしでは車庫入れができないと思っている人も多いと思います。

 

ところで、こう思ったことはありませんか? 

「バックモニターが後ろだけでなく横や前も見られたら便利だな」って。

実は、それをかなえるカメラがあります!!

f:id:Namaharuka:20200121125624j:image

それが全方位カメラです!

バックモニターでは後ろだけだったカメラが前後左右の4つに増え、その4つの映像を合成して車両周囲360度が見渡せる仕掛けになっているのです!

そのメリットは絶大で、後ろだけのバックモニターでもそうとう役立つのに、それが右も左にも前にも付いているのですから。

クルマの真上から(擬似的に)自分のクルマを俯瞰して見られるから、駐車枠や隣のクルマなど周囲との位置関係がとてもよくわかり、駐車しやすいんです!

運転席側からは目視できない助手席側の側面も見えるから、路肩に幅寄せする際も安心です。

 

バックモニターもどんどん進化していっているので

びっくりです!笑