大阪のレンタカーならテラニシモータース

大阪を拠点にレンタカー・カーリース・中古車販売や車検・板金塗装など自動車会社のテラニシモータースです。

当て逃げの被害を受けた場合、どうすればいい?

みなさま、こんにちは。

テラニシモータースの永井です。

 

先々日に、とある自民党の議員さんが乗車している乗用車が自転車と接触したが、気付かず現場を去り、当て逃げの事故があったとニュースで報道されていました。

 

万が一、自分が当て逃げの被害にあってしまった時はどうすれば良いか、今日はそんな時の対応についてお話したいと思います。

 

まず、当て逃げというのは

車を運転中に他の車や人にぶつかるなど事故を起こしたにもかかわらず、救急処置や警察への報告を行わず、そのまま走り去ってしまうというような事です。

f:id:uhaten:20210610191122j:image

 

当て逃げは被害の大小にかかわらず、危険防止処置義務違反及び報告義務違反という犯罪行為に該当します。被害にあった場合は泣き寝入りせずに所管の警察に事故報告を入れるか、通報しましょう。

次に、加害者の証拠や情報を残すことが重要です。たとえば、車の車種や色、ナンバープレートが分かれば、捜査の役に立ちます。

 

また、駐車場や何処かの敷地内であれば、所有者や管理人に確認して防犯カメラを見せてもらうのも一つの手です。

 

最後に、保険会社へ連絡を入れましょう。

自動車保険や自転車、バイク保険に加入している場合は事故の報告を行います。契約内容によって、補償がおらない場合、おりる場合がありますので、よく確認しておきましょう。

 

車の情報や証拠を控える→警察への連絡↑保険会社への連絡 というような順番になります。万が一、負傷者がいる場合はすぐに救急車を呼びましょう。突然のことでパニックにならないよう、落ち着いて行動することが大切です!!