大阪のレンタカーならテラニシモータース

大阪を拠点にレンタカー・カーリース・中古車販売や車検・板金塗装など自動車会社のテラニシモータースです。

クルマの保険 車両保険の補償範囲

みなさま、こんにちは。

テラニシモータースの永井です!!

 

みなさま、車を所有している方はクルマの保険に加入されているかと思いますが、車両保険は付けていますか?

車両保険とは契約している車や物に対する補償です。

f:id:uhaten:20201029142144g:image

 

 

車両保険の中には、一般条件車体車限定危険特約の2種類があります。まずはそれぞれの補償範囲の違いについて、お話させていただきます。

 

一般条件

こちらは単独事故を含む、事故や火災、盗難、他の自動車との衝突など、契約している車の損害に対して保険金が支払われます。

車対車限定危険

一般条件が、単独事故の補償があるのに対して、車対車限定の場合、単独事故の補償がありません。たとえば、電柱やガードレールに車をぶつけてしまった、当て逃げをされた、という時は単独事故に該当しますので、保険を使用することができません。

 

 

そして地震、噴火、津波に関しての自然災害は、どちらも補償外となります。自然災害による車の損害が起きてしまった場合の補償を付けたい…という方は、別のオプションとして追加することができます。

 

補償範囲だけを見ると断然、一般条件を選ぶ方が多いのでは?と思われる方もいますよね。

補償の範囲が広い分、毎月の保険料が高くなります。そのため、一般条件の保険の方が保険料はぐんと高くなるのです。

 

保険の補償内容というのは、更新月などに見直しができるので、初めの一年は一般条件で、二年目は補償範囲を狭まる…という選択もありますね!

 

今現在、加入されている保険の補償内容を、詳しく知らない方も多いと思います。今一度、見直してみては如何でしょうか??